ドラマ『OTHELLO(オセロ)』あらすじ・感想ネタバレあり 生駒里奈・鈴木光司のホラーはおもしろい?つまらない?

2022年7月24日深夜(テレビ神奈川は7月26日)から放送開始のドラマ『OTHELLO(オセロ)』。連ドラ初主演の生駒里奈さんと『リング』『らせん』など貞子シリーズでも有名なホラーの巨匠・鈴木光司さんの原作・脚本を手掛ける作品です。

この記事では、ドラマ『OTHELLO(オセロ)』のキャスト・登場人物やドラマの感想を紹介します。

目次

キャスト・登場人物

キャスト登場人物
生駒里奈山口麻依(24歳)
[劇団の看板女優]
生駒里奈山口真理子
[麻依の姉]
須賀健太遠山雄一(22歳)
[演出家希望の研究生]
橋本じゅん重森孝久(52歳)
[劇団ENGINEの主宰者・演出家]
西村優北島
[劇団ENGINEの演出助手]
村瀬紗英竹村ひとみ(24歳)
[劇団の若手女優、山口麻依の親友]
窪塚愛流有坂徹(21歳)
[役者希望の研究生]
小曽根叶乃羽鳥妙子(45歳)
[劇団ENGINEの幹部女優・衣装担当]
織田梨沙浅田エリカ(22歳)
[新規加入の新人女優]
伊藤かずえ山口恵子
[山口麻依の母親]
<第4話>
松原タニシ松原タニシ
[インフルエンサー]
<第4・5話>
市川九團次鐘尾磨久須
<第5・6話>
鈴木光司太田無軌道
[霊能者]
<第4話>
キャスト
木内舞留柳沼沙紀
加瀬ゆりーーー
樋口 勇作ーーー
山本叶多ーーー
緒方あみーーー
大塚悠斗ーーー
米倉愛結ーーー
丹羽洸大ーーー
<第1・3・4話>
馬場真佑ーーー
<第1・3・4話>
山下香織ーーー
<第1・3・4話>
藤井智資ーーー
<第1・3・4話>
高崎実海ーーー
<第1・3・4話>
川上海人ーーー
<第1・3・4話>
浅水果穂ーーー
<第2話>
けーすけーーー
<第2話>
西村優ーーー
<第3・4・5・6話>
森脇健児斉藤
[テレビ局プロデューサー]
<第3話>
浅水香穂<第3話>
熊野仁神主
<第3・4話>
宮永薫巫女
<第3話>
太田凛音山口麻依の幼少時代
<第4・5話>
芦川誠山口麻依の父
<第4話>
松原怜香看護師
<第5・6話>
お宮の松医者
<第5話>
伊藤祐輝ーーー
<第6話>
齋藤英文ーーー
<第6話>
森田亘ーーー
<第6話>

スタッフ

原作鈴木光司
脚本鈴木光司
久保幸湖
谷井美佳
中村真夕
音楽中西ゆういちろう
監督井口昇(第1・2・4・5・6話)
山内大輔(第3話)
岡元太
企画・プロデュース清水一幸
プロデューサー山崎宏太(ABCテレビ)
南雄大(ABCテレビ)
齋藤浩司(ヒューマックスシネマ)
若山佑介(ヒューマックスシネマ)
山口誠(47style)
制作協力ヒューマックスシネマ
47style

主題歌 Hina & Taki(from FAKY)『Black Ghost』

主題歌はHina & Taki(from FAKY)『Black Ghost』です。

▶You Tubeチャンネル

あらすじ

第1話「謎のVHSテープ」2022年7月24日(テレビ神奈川 7月26日)

大阪の小さな劇団『ENGINE』(エンジン)。山口麻依(生駒里奈)ら劇団員たちは初の東京公演のために向けて稽古をしていた。

今回の公演作品は、劇団の代表作であり10年前に初演を行った『DICE(ダイス)』。

ある時、劇団事務所から10年前の初演時の稽古の様子が録画されたVHSビデオテープが見つかる。その映像を見た日から不可解な出来事が起こり始めた・・・。

第2話 「悲鳴がこだまする稽古場」2022年7月31日(テレビ神奈川 8月2日)

10年前の稽古の様子が録画されたVHSビデオテープを見た矢先、稽古場の不可解な停電、トイレから吹き出す大量の真っ黒な水。そしてドアのガラス越しに見える女性らしき顔と黒い手。その場から逃げ出す山口麻依(生駒里奈)たち。

その翌日も不思議な出来事は続く。

汚れたトイレや壁を掃除する麻依(生駒里奈)たちだが、壁や看板には見覚えのない黒いシミ。それはどれだけ拭いても落ちない。

次回公演のために音源の確認をしていた演出助手の遠山雄一(須賀健太)は、音源から聞こえる不気味な声に悲鳴を上げる。麻依と再び確認したその声は、「ヤギヌマ」と言っているように聞こえる。

第3話 2022年8月21日(テレビ神奈川8月23日)

“ヤギヌマサキ”というアカウント名で投稿された動画「ワタシヲコロシタノハダレ」。これを知った座長の重森(橋本じゅん)は10年前の公演とは関係ないと否定しながらも顔はこわばらせる。

心霊現象は劇団の中に恨まれている人がいるから?その不安から座長の重森の提案で劇団員と共に、ご利益があるという京都の神社でお祓いをしてもらう。しかし、そこで麻依(生駒里奈)に怪奇現象が起こる。

第4話 2022年8月28日(テレビ神奈川8月30日)

お祓い中に、誰かに取り憑かれた麻依(生駒里奈)は踊りだし、気絶してしまう。

お祓い後も劇団に起こる怪奇現象は収まる様子はない。そんな中、麻依は演出家希望研究生の遠山(須賀健太)に10年前の姉に死について打ち明ける。

劇団の知名度と宣伝のためにこの心霊現象をテレビに取り上げてもらおうとした、座長の重森(橋本じゅん)。テレビ撮影でやってきたオカルトの世界で有名インフルエンサー・松原タニシ(松原タニシ)に心霊現象の正体を解明してもらおうとする。しかし・・・。

第5話 2022年9月4日(テレビ神奈川9月6日)

第6話 2022年9月11日(テレビ神奈川9月13日)

第7話 2022年9月25日(テレビ神奈川9月27日)

感想・考察(ネタバレあり)

第1話の感想・考察

鈴木光司さんの代表作といえば『リング』『らせん』であり、その作品に出てくるのが「呪いのビデオテープ」。小説『リング』が出版された1991年から30年以上が経った今、ドラマ『OTHELLO』で再度VHSビデオテープが発端になる作品を作るとは。

連ドラ初主演である生駒里奈さんだけでなく、ホラーの巨匠・鈴木光司さんがVHSビデオテープを使い令和の時代にどのようなホラードラマを作るのかが個人的には楽しみでした。

そして期待の第1話。その感想は大きく分けて2つ、『若手俳優陣の初々しさ』と『現代テレビドラマのホラー作品演出とは?』。

第2話の感想・考察

第2話を見て、想像していたドラマとは違うのかも?と感じました。またその予想していた展開もあり得るかも?と感じたことがありました。

第3話の感想・考察

第3話は、10年前の公演で起きたことについて明らかにはなっていませんが、匂わせるシーンが散りばめられていた印象。そのシーンについての感想・考察しました。

第4話の感想・考察

ネタバレも含むので気をつけてください。

第5話の感想・考察

第5話はコメディシーンが多く、また謎のシーンもいくつかあった回でした。ネタバレも含むので注意ください。

第6話の感想・考察

東京での公演が間近までやってきた麻依(生駒里奈)たち。劇場入りした劇団にいろいろ起こります。が疑問点もいくつか。

無料見逃し配信について

TVer
GYAO!
Netflix×
U-NEXT×
Hulu×
FOD×
ABEMAプレミアム×
Amazon Prime Video×
Amazon Prime Video

ABCオンデマンド
dTV×
楽天TV×
Disney+×
DAZN×

2022年8月1日現在、無料見逃し配信をおこなっている動画配信サービスは、TverとGYAO!です。ただし、これらのサービスでは期間限定配信。放送を見逃してしまった人は、配信終了する前に視聴することをおすすめします。

▶TVerはこちら

▶GYAO!はこちら

TverとGYAO!で配信期間が過ぎてしまい見ることができなかったなら、ABCオンデマンドがおすすめです。

ABCオンデマンドはAmazon Prime Video内のチャンネルで全話配信することが公式で発表されています。

ABCオンデマンドはAmazon Prime Video会員限定の有料サービスですが、14日間の無料体験があるので無料で視聴することができます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元演劇の人で、演劇が好きだった人。

目次